ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」(MET/デヴィッド・マクヴィカー演出)

Giuseppe Verdi "Il Trovatore"
(production by David Macvicar /MET)



演出:デヴィッド・マクヴィカー
マンリーコ:マルセロ・アルヴァレス
レオノーラ:ソンドラ・ラドヴァノフスキー
ルーナ伯爵:ディミトリ・ホヴォロストフスキー
アズチェーナ:ドローラ・ザジック


デヴィッド・マクヴィカーの演出に外れは無いとして
(最近の他の演出家のオペラも見ておかないと
 比較できないなと思いつつも^^;)

ディミトリ・ホヴォロストフスキー!
かっこよかった・・・!!!

最初出てきた場面では「あぁ、うん悪役ね」
(悪役と言い切るのは微妙で、一番不幸な人の気も)
ぐらいの想いで見ていたはずだったのですが。
だったのですが。もしかしたら
他の出演者がファッティー(FAT)だったから。
で、「株価急上昇」だったのかもしれないのですが。

しかし、(イラストにも描きましたが)
感動した場面の順位を考えても……

1位:ルーナ伯爵のアリア「君の微笑み」!
2位:アズチェーナ「見よ、恐ろしい炎を」
   →間違えた。上記はマンリーコのアリアで
    正しくは「炎は燃えて」だった。
3位:鍛冶屋の合唱


(1位に輝いたルーナ伯爵のアリア「君のほほえみ」、お聴きください)

(アリア終了後の「木陰に隠れて捕まえよう」という
 部下らとの掛け合い?合唱?も好きですw
 「この掛け合い、アホやぁ〜」w オペラらしいけどw
 例の、自分の手の平をつい切る場面もここだな。
 「この愛は神にも勝ってみせる!」と叫ぶルーナ伯爵、
 しかし後で、修道院から漏れる音に部下たちがそっと
 胸で十字を切り出す姿もまた感慨深いでっす)

いやぁ。かっこいいルーナ伯爵でした。
本来はサドっ気も強いキャラなのに
無茶にもついてきてくれる部下らがいるのに
報われない恋に執着して
最後は一番哀しい現実を背負うルーナ伯爵・・・

ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」は
技巧と歌が充実、聞いている身としては◎良いが
難しい作品とのこと、本講演は出来映え素晴らしいかと!

ディミトリ・ホヴォロストフスキー(Dmitri Hvorostovsky)。
「銀狐」、とても納得いくニックネーム。
今後、名前を見たら見逃さないようにしよう。
でへへ。
Wikipediaだと現在「ホロストフスキー」と
記載されていますが、METの記載だと今は上記。
検索でひっかかるように統一してほしいよねぇ。
発音の問題で微妙なのだろうけども。

↓このブログ記事、とても共感~~~!笑

■メトのライブビューイングで「イル・トロヴァトーレ」を見てきました(2011年5月30日)
“なんか誉めてばかりいると、嘘っぽいので、残念だった事も
 書いておきます。まず、ルーナ伯爵がかっこいいです。”
“「これはオペラではなく、横綱の土俵入りですか?」”
“何といっても、あのジプシーのお母ちゃんがもれなく付いてくるわけだし、
 芝居としてのキャスティングを考えると、この配役は失敗?
 だって「レオノーラってダメンズなんだな」ってしか、思えないもの。”


た、大変よく分かります(笑)。

(タイトル一度間違えてもうた
 2位のアズチェーナのアリア「炎は燃えて」も置いておきます!)



CONVERSATION