心ほんわりするフリーペーパー「えんを描く」

近所のコーヒー店で、心ほんわりするフリーペーパーに出会う。
「えんを描く」。関西の方だってー。
年齢さまざまな人のエッセイやインタビューや。
めっちゃ手作り感。
「多世代でつながる子育て空間 団らん長屋プロジェクト」
というのもやってらっさるみたい。。。
むむっ 気になる。。。

ほんわりエッセイを以下にいくつか抜粋。


(写真左上のケロッピ2人組は、先ほど薬屋さんで「あげる!」と(☆▽☆))


+++++++

3月で定年退職となって18歳からの「仕事をしている自分」から卒業しました。
でもこれって単なるゴールじゃないんですよね。ゴールは新しい世界のスタートでもあるんですよね。
もしかしたら「死」というのもゴールではないのかもしれない。
私は誰かに「ここでのバトン」を渡して、新しい世界にへスタートを切るのかもしれないなぁ。
こんな風に思っていると、何でもない毎日が楽しくて、次のスタートのためにいろんなことをいっぱい楽しんで経験したいって思うんです。
誰かにバトンを手渡すその日まで、その日がいつ来てもいいように。

+++++++

このフリーペーパーを作りながら、毎日のこんな風景を思い出しました。
梅田にある駐車場の警備員のおっちゃんが、道行く人たちに、とっても素敵な笑顔で「おはようございます」と挨拶をしています。さささっと通り過ぎる人にも、丁寧に、頭を下げて、一人ひとりに向けて「おはようございます」と。
(中略)だから、この素敵な笑顔が続きますように、どうか心が折れませんようにという願いも込めて、私はおっちゃんに挨拶をします。

+++++++

CONVERSATION